患者さまへ

臨床研修・実習受入れ病院としてのお願い

当院は厚生労働省認定の臨床研修病院として、将来の医療を担う人材を育成するために医療従事者を目指す方の教育や研修を積極的に受け入れております。
臨床研修医が上級医師の監督の下に患者様の診察をさせて頂く場合や、医学生・看護学生など各種学校の実習生が指導者の下に患者様の診察、看護、処置などに同席する場合がありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

診療情報の開示について

1.開示請求できる方

1.成人の方で患者さま本人。
2.患者さまの法定代理人。ただし、満15歳以上の未成年者の方については、疾病の内容によっては本人のみの申請もできます。
3.診療契約に関する代理権が付与されている任意後見人 。
4.患者さま本人から代理権を与えられた親族およびこれに準ずる方。
5.患者さまが成人で判断能力に疑義がある場合は、現実に患者さまの世話をしている親族およびこれに準ずる縁故者の方。
6.患者さまが死亡されている場合は遺族(患者さまの配偶者、子、父母及びこれに準じる方。(これらの方に法廷代理人がいる場合の法定代理人を含む)) 

2.開示の方法

以下の方法により、診療情報の開示をおこなっています。

1.閲覧
2.複写(コピー)
3.主治医等による口頭説明

※開示には当院所定の料金を負担していただきます。(開示内容により異なります。詳細は医事課病歴係へお問合わせください。)

3.開示の手続き

医事課病歴係でお受けしています。希望される場合は1F総合受付または、1Fご相談窓口にお申し出ください。

1.所定の申請書に記入の上、開示申請していただきます。その際、開示の対象者であることを証明できるものの提示が必要です。
2.申請書を受理して15日以内に、開示の可否などについて審議いたします。ただし、期限内に開示の判断ができない場合は、申請書を受けた日の翌日から起算して30日を限度として、その期間を延長しますが、延長する場合は、速やかに申請された方に連絡します。
3.当院から開示決定等の通知および開示日時を連絡し、相談させていただきます。

4.開示できない場合

以下の事由に該当する場合は、開示できないことがあります。

1.診療情報の開示が患者さま本人の心身の状況および診療効果に悪影響があると判断した場合 。
2.診療情報の開示が第三者の利益を害する恐れがある場合 。
3.上記以外、診療情報の開示を不適当とする相当の事由がある場合。

【お問い合わせ】
医事課病歴係
TEL 0856-22-1480(代)
※お問い合わせの際には「カルテ開示に関すること」とお申し出ください。