麻酔科

特徴・特色

当科では手術時の周術期管理を主体に業務を行っています。
手術や検査など、ヒトの体に侵襲的なことを行う際には、痛みや恐怖をはじめとしたさまざまなストレスを伴います。「麻酔」は、痛みをとり、意識をなくすことで患者さんをそのストレスから守る役割を行います。予定手術の前には、麻酔科医が診察し、手術術式や患者さんひとりひとりの全身状態にあわせて麻酔方法を検討・選択していきます。
当科では充分な説明を行い、できるだけ患者さんの不安を取り除き、患者さんが安心して安全に手術が受けられるようにサポートいたします。

医師紹介

延原 円