薬剤部

業務紹介

  • 入院外来調剤業務(内服・注射)
  • 外来服薬指導
  • 医薬品情報管理業務
  • 医薬品管理業務
  • がん化学療法(調製・説明)
  • 製剤業務
  • チーム医療への参画
  • 病棟活動(薬剤管理指導業務)
  • 持参薬鑑別業務

外来服薬指導業務

患者、家族、スタッフより要望があった場合、治療薬・副作用に関して薬剤師が直接説明を行います。

外来院内処方患者様の内服治療薬に関するおくすり手帳用情報書を発行します。

薬剤部にて前投薬、輸液も含めた点滴抗がん剤治療の薬歴を発行し、同意を得た患者様に対し外来処置室スタッフもしくは本人がおくすり手帳へ薬歴貼付します。

病棟薬剤管理指導業務

医師・看護師・他の医療スタッフと連携をとり、さらに退院後にも目を向け保険薬局薬剤師と連携を取りながら患者・患者家族を支援しています。

医師回診への参加(患者様の病状把握、医師からの情報収集)
医師の同意を得たすべての患者様を対象に服薬指導・服薬支援。

内容
・薬剤投与の意義を理解してもらう
・薬物の投与状況を確認した上で副作用チェックを実施
・併用薬の相互作用のチェック

管理業務

医薬品情報管理業務

医薬情報課では、薬についての最新の情報を収集・評価し、医師・看護師・薬剤師・他の医療スタッフに対し、的確な医薬品情報の提供を行っています。
電子カルテのトップページ、および院内LANを利用し、緊急安全性情報、臨床現場で役立つ医薬品情報を多数発信しています。

医薬品管理業務

病院内で使用するすべての医薬品の発注・検収および在庫管理業務を行っています。
また、病棟や手術室、外来診察室に配置している医薬品や災害救護用医薬品を定期的に点検し、保管状況や有効期限、数量をチェックするほか、特定生物由来製品、麻薬、毒薬、向精神薬などは、法令を遵守して適正に管理しています。

がん化学療法

当院で抗がん剤治療を受けられる患者様に適正・安全な治療を続けていただくために、レジメン(治療計画書)のチェックから安全キャビネット内での無菌調整、患者様への指導に至るまでトータルで関わっています。また地域の方を対象にした勉強会の講師も行っています。

製剤業務

患者様の治療、診断に必要な市販されていない薬を医師からの依頼により調製をおこなっています。製剤品については、安全性、有効性、製剤方法などを十分に検討した後に調製しています。
製剤室にて軟膏剤、坐剤、点眼薬などを調製しています。製剤は患者様の目には触れない業務です。しかし、より良い薬物治療を行うために病院内に必要な業務となっています。

認定・資格紹介

  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師
  • 日本病院薬剤師会認定薬剤師
  • 日本病院薬剤師会認定実務実習指導薬剤師
  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師
  • がん薬物療法認定薬剤師
  • NST専門薬剤師

各種紹介

  • 服薬指導件数:450件/月(平成23年度実績)
  • 院外処方箋発行率:88.5% (平成23年度実績)
  • 実務実習:薬学6年制教育における実務実習受け入れ施設
  • NST教育認定施設:NST専門療養士 教育プログラムあり

薬剤副部長あいさつ

薬剤副部長
郷原 学

益田赤十字病院 薬剤部は、患者・患者家族の方をはじめ地域の方からの声に耳を傾け、常に必要とされる病院薬剤師を目指しています。
当地域は自然にも恵まれ非常に住みやすい素晴らしいところでありますが、このような地域にいながら最高の医療を受けていただく環境を整えることが我々薬剤部の責務であると考えています。
そのためにも医師・看護師・その他医療スタッフ、地域保険薬局との連携を大切にし、患者・患者家族・地域の皆様を全力で支援していきたいと考えています。
当院薬剤部の取り組みについて、そして病院薬剤師の役割が少しでもお分かりいただければ幸いです。