眼科

当院は眼科領域のすべての疾患を扱います。
特に力を入れている治療法は手術治療で、白内障,硝子体,斜視,緑内障手術などの手術加療を積極的に行います。

白内障手術は、目に負担をかけないように、通常は2.0mmの角膜切開で行っており、最新の着色非球面眼内レンズを挿入します。乱視が強い患者様には、術後の乱視が軽減出来るように乱視付きの眼内レンズの使用を、また眼鏡の使用を最低限にしたい患者様には、遠くと近くが眼鏡なしで見ることが出来るように多焦点眼内レンズの使用を相談させて頂いており、患者様の手術後の見え方の質の向上に努めております。チン氏体が外れている,散瞳が不良,核が固い,眼内レンズ入れ替えなどの難症例の手術が可能です。白内障手術は、月曜日に最大15人,火曜日に最大2人行える体制をとっており、通常は月曜日あるいは火曜日に入院して当日手術、木曜日に退院して頂いておりますが、患者様によっては日帰り手術も行っております(眼内レンズ逢着術を行う場合は若干入院が長引くことがあります、水晶体嚢の癒着が強い場合は眼内レンズ入れ替えが出来ない場合がありますが、この場合はAdd-onレンズの使用が可能です)。

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎などで生じた硝子体出血、硝子体混濁、黄斑浮腫が改善しない患者様、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体牽引症候群の患者様、網膜剥離の患者様、増殖硝子体網膜症の患者様に硝子体手術を行っております。
手術の入院期間は、月曜日に入院して当日手術、金曜日に退院して頂いております(手術内容によっては若干入院が長引くことがあります)。

斜視手術は、斜視の状態に応じて、両眼後転,片眼前後転,下斜筋後転術などの手術を行います。斜視手術は、小学校高学年までは入院で、それ以上の年齢の方は出来るだけ日帰りで行っております。斜視手術の入院期間は、白内障手術の場合と同様です。

緑内障があり、点眼薬加療で眼圧のコントロールが不良な患者様には、線維柱帯切開,切除術を行っております。手術の入院期間は、月曜日に入院して当日手術、金曜日に退院して頂いております(手術内容によっては若干入院が長引くことがあります)。

眼瞼下垂,翼状片,内反症などの手術は、日帰りで行っております。

加齢黄斑変性症,糖尿病網膜症,網膜静脈閉塞症などで、黄斑部に病変や浮腫などがある患者様、血管新生緑内障の患者様には、抗VEGF抗体の硝子体注射(アバスチン,ルセンティス,アイリーア)を外来で行っております。黄斑部に浮腫がない場合でも新生血管を伴うレーザー光凝固適応の患者様には、アバスチン硝子体注射を受けて頂くようお勧めしております。

加齢黄斑変性症や中心性脈絡網膜症の患者様で、抗VEGF抗体硝子体注射や内服加療が効きにくい脳・心筋梗塞発症リスクの高い患者様には、PDT加療を行っております。日帰りでも可能ですが、レーザー加療後の安全性を考えて、原則入院で行っております。

強度近視,円錐角膜などで、LASIK,Epi LASIK, LASEK手術が受けられない患者様には、有水晶体眼内レンズ手術を相談させて頂いております。

近隣に眼科疾患対応の病院施設が無い為、出来るだけ当院で最新の加療が出来る体制を作れるよう努力しておりますが、一部の疾患に関しましては、専門施設への紹介をお願いしております。

外来担当医師

月・火・木・金曜:藤原裕丈(眼科専門医)(日本眼科学会)(PDT認定医)(網膜硝子体学会)

手術実績

平成26年度(平成26年4月~平成27年3月)の手術(レーザー手術,硝子体注射を除く)は、白内障,硝子体,眼瞼,斜視,緑内障手術などの約600例で、全て藤原医師の執刀です。

外来診療機器

眼圧測定機器、屈折測定機器、ハンフリー、ゴールドマン視野検査測定機器、角膜形状解析機器、光干渉式眼軸長測定機器、A,Bモード超音波測定機器、角膜内皮測定機器、眼底カメラ(FA,IA)、光凝固レーザー、YAGレーザー、PDTレーザー、光干渉断層計、収差解析機器。多局所網膜電位図測定機器。
本年度は前眼部OCT購入の申請を予定しております。
診療機器は石見地区の患者様に遠方まで行かなくても最新の検査、治療を受けて頂ける様順次新しい機器を導入して行く予定です。