歯科口腔外科

平成14年4月より歯科口腔外科を標榜し、地域医療における口腔外科疾患の治療に重点を置いています。
診療は常勤歯科医師2名と常勤歯科衛生士3名体制です。
また、島根大学医学部歯科口腔外科より全面的支援をうけて、教授 関根浄治先生の専門外来(腫瘍・歯科インプラント)、講師 管野貴浩先生ほか大学応援医師による外来診 や静脈内鎮静法・全身麻酔での手術(毎週水曜日)の応援をお願いしています。
毎日インターネットを使用して、島根大学医学部歯科口腔外科、そして島根県内の基幹病院と合同でテレビカンファレンスを行っています。治療法の検討や新しい治療法の情報交換を積極的に行い、相互の連携を築き上げています。

施設認定
(社)日本口腔外科学会 准研修施設
(社)日本顎顔面インプラント学会 関連研修施設

診療内容

地域医療機関や院内他科との連携をとり、より安全な治療を心がけています。

口腔外科疾患

1. 口腔の先天・後天異常…埋伏歯、 過剰歯、 唇顎口蓋裂、 顎変形症、 小帯異常など
2. 顎顔面の外傷…裂傷、顎顔面の骨折など
3. 顎口腔の炎症…歯牙・顎骨の炎症、歯原性上顎洞炎など
4. 口腔粘膜疾患…口内炎、 アフタ、 扁平苔癬など
5. 口腔腫瘍…白板症、 歯原性腫瘍、 良性腫瘍、 悪性腫瘍
6. 顎口腔の嚢胞…顎嚢胞、 軟組織の嚢胞など
7. 顎関節疾患…顎関節症など

ご病気をお持ちの患者さんの歯科治療

循環器疾患・呼吸器疾患・脳血管障害・代謝性疾患・内分泌疾患・消化器疾患・血液疾患など、一般歯科医院では対応困難なご病気がおありの患者さんは、病院内の診療各科やかかりつけ病院などと緊密に連携し歯科治療を行なっています。

静脈内鎮静法をもちいた歯科治療

静脈内鎮静法とは、点滴により静脈麻酔薬などを投与することで、鎮静状態(お酒を飲んで、ほろ酔い加減のような、うたた寝をしているような感覚)を得る方法です。
 治療にともなう精神的緊張を和らげ、安全性と快適性を向上させます。歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方、高血圧症、狭心症などの心臓の病気などの全身疾患を有し、全身管理が必要な方が対象となります。

インプラント治療

歯を失った際、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を装着します。これにより、天然歯とほぼ同等の咀嚼運動(噛砕き、飲込む運動)を回復することができます。

入院中の歯科治療・口腔ケア

当院入院中の患者さんの、お口のなかのトラブル・入れ歯の調整などを行っています。ご自身でのお口の中のケアが困難な方、安静が必要な方は、院内での往診を行って対応しています。

周術期の口腔ケア

がんの治療のため、手術や化学療法(抗がん剤での治療)、放射線治療を行う患者さんの、治療中のお口のなかの副作用やトラブルに対して、治療を行っている主治医の先生と密に連携しながらケア・歯科治療を行っています。

手術・化学療法・放射線治療を受けられる患者様へ

手術や化学療法・放射線治療を受けられる前に、お口の中をできるだけきれいにしておくことは、手術後の感染症・誤嚥性肺炎・口腔粘膜炎などの予防や緩和のために非常に重要です。
お口の中の状態をよりよく保つために、みなさまに歯科口腔外科を受診いただいております。
※ただし、受診の際は別途受診料が発生します。

【ご不明な点は、お気軽にご質問ください。】
益田赤十字病院 歯科口腔外科
〒698-8501 島根県益田市乙吉町イ103-1
TEL 0856-22-1480(代) FAX 0856-22-3991(代)

医師紹介

恒松 晃司

日本口腔外科学会認定医
日本顎顔面インプラント学会専門医

市山 友子

日本口腔外科学会認定医
日本歯科麻酔学会認定医
日本臨床細胞学会細胞診専門歯科医